アカツキ、増収増益になるも特損あり。今後どうなる?

Pocket

昨日、アカツキの平成30年度決算予想が提出されたした。

営業利益は100億を超えました。一昨年が21億、去年が47億なので、倍々ゲームで増えるというとんでもないハイペースです。

たしか営業利益100億超えたらストックオプションを発行するとかなんとか言ってたので早くも達成です。ドッカンバトルおそるべし。

このほか、テニスの王子様やアイマスも売上に寄与してきていますね確実に。アカツキは打率7、8割程度といっていますし、IPものを確実に収益化を図れているというのは素晴らしいことです。

謎の特損

しかし、今年は特損が発生しています。約14億程度。有価証券の評価損やのれんが原因としています。内訳がよくわからないため、精査のしようがないというのが現状で、それを受けてか本日株価は急落しています。

ドッカンバトルのピークアウトもかなり気になるような状況で、日本、海外ともにランキングが落ち込んできているのも事実です。
かといって私が今すぐ売るのかといえばノーです。むしろ買い増しを狙っている状況です。

有力IPもありますし、テニスの王子様なんかは海外展開も控えてそうな気もしてますし、ライブエクスペリエンス事業も3桁億円を超えると豪語している塩田社長を信じます。

SNSやtextreamでは今回の決算予想の結果を受けて、好き勝手言われてますが、超長期で見れば企業価値の拡大につながっているのは火を見るよりも明らかですからね。っていうかドッカンバトルにしても今のような途方も無い利益になったのも1年以上かけての結果ですから、株主は焦りすぎだと思います。

私がアカツキに投資を始めてから約1年半ですが、約2倍になってますから十分ですし、文句無いです。IRも変な仕事しなくていい。

まだまだアカツキとともにする長い旅は続きそうです。
にほんブログ村 株ブログ 成長株へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です