株投資の格言 時代遅れになるような原則は、原則ではない。

Pocket

世界一の投資家ウォーレンバフェット卿の格言です。

バフェットが父の次に尊敬する人物であるベンジャミン・グレアムの書いた賢明なる投資家という著書で学んだ考え方を実践していると言われ、それを数十年間もの間取り組み続けています。

AIトレード全盛期のこの時勢に

AIによる取引が全盛期になりつつある中で、バフェットが一線級の投資家として君臨していられるのは、タイトルの通り時代を経ても色褪せない原則を忠実に守っているから故なのかもしれません。

誰もができることなのに出来ないこと

誰もができるはずなのに出来ないこと。
それは個別銘柄の長期投資です。
バリュー株でもグロース株でも、基本に忠実に行えば、いずれかは報われるはず。しかし、実際はそうはならない。

値下がりを続ければ怖くなるし、値上がりを続ければどこまでも果てしなく上がる錯覚に見舞われる。ヨコヨコが続けば一生そのままなんじゃないかと。時折人は勘違いをします。長期投資家は頭の狂ったマゾヒストにすら見えてくるときもあります。

でもそうじゃなくて自分の中にある信念や投資哲学、原則に基づいて投資を続ければ、いずれ大きな果実を得ることになるので、今はその時をじっと待ち続けましょう。

にほんブログ村 株ブログ 成長株へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です