株価を気にするよりも余剰資金を作る仕組みを作る

Pocket

株価を気にするよりも余剰資金を作ることに注力した方が良いと考えています。かのバフェットも保険事業から得られる定期収入ともいえるフロートがあり、年間数千億と言われるキャッシュが手に入り、これを運用に回すことが可能です。

ソフトバンクの孫さんも携帯事業から得られるキャッシュは年間5000億でこれをより今後高効率に稼げるであろう事業にガンガン投資していくことができます。かつてのボーダフォン、スプリント、そしてARMはまさにその対象ですね。

株価よりまず資金から

バフェットも孫さんも優れた投資家であることは間違いありませんが、大量の投資資金を得ることのできる仕組みを持つ事業を要に持っていると言うことが投資家たるもの最重要なのでは?と考えます。

我々小投資家はこの資金が循環していくような仕組み作りができている企業に投資するのと同時に自分たちもそのエコシステムを作れるようにしていかなければなりません。

我々投資家ができること

では、我々投資家にできることはなんでしょうか。
一つ目にとにかく節約して余剰資金を作ることです。
節約は誰にでもできることです。節約をして資金を作り、投資効果の高いものに投資をする。

二つ目に株式配当という形で余剰資金を作ること、三つ目に無駄なく貸株金利を得ること、四つ目に副業で収入を得ることぐらいでしょうか。

これ以外にも、自由なキャッシュを手に入れられる仕組みづくりをしていけばいいのか日々模索していこうと思います。

にほんブログ村 株ブログ 成長株へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です