景気が悪いと嘆く前に投資をしよう!

Pocket

景況感が感じられないという声がよく上がります。日経平均が上がっても国民生活はよくなってない!とか。野党がよく言うやつ。

既に成熟国家となった日本でバブル期のような異常な景況感を感じるということはなかなか難しいのでしょう。人口減少社会にもなっていますから。

前回の小泉政権期にあったいざなみ景気の時も実感なき景気回復と呼ばれていました。給料に反映されず、株価対策をする企業ばかりだと。

景気が良くなったと実感するにはまず投資

しかし、株価は景気の先行指標とも呼ばれており、これを上げること自体が悪いことだとは思いません。

むしろ、給料が上がらないのであれば、株やETFなどを買って自分の給料以外に資産を増やすような手段を考えるべきではないでしょうか。それが日本株を買うことであっても、アメリカ株を買うことであっても、REITを買うことであっても構わないと思うんですよね。

実際アメリカでは給料という形ではなく、ストックオプションとして社員に自社株を持たせることも多いようですしね。NISAやiDECOなんかをきっかけに資産運用することが一般的になっていけば、今後日本が金融面で世界的に圧倒的な力を見せつけることができるかもしれません。

日銀や政府も人口減少社会のなか、必死に良くやっている方だと私は思っています。増税は悪手だと思いますが、あと数年で給料にも反映されていくことになると思います。揚げ足取りだけではなくいかに日本をより良い国家とし、成長させていくのかを真剣に考えるのならばやはり積極的な投資をするべきだと思います。

日本の企業の底力を信じる

リオオリンピックの閉会式の時にアベマリオに魅せられたように日本には魅力的なコンテンツや企業がたくさんあると信じてます。

先日の神ギ問の中で、野沢雅子さんが嘘インタビューを受けていましたが、その中で東京オリンピックの開会式で悟空が会場からみんなの元気を分けてもらって、元気玉を放って聖火台に火をつけたいんだ!っていってましたが、それ実現したらとてつもなくかっこいいし素敵だと思いませんか?日本だからこそできることじゃないでしょうか?

マリオといえば任天堂だし、悟空といえば集英社、東映など様々な日本企業が携わっています。他の国の企業じゃ絶対できないんですよこういうことって。

だからこそ、私は日本企業や日本の文化に投資を続けていきたいと思っています。

にほんブログ村 株ブログ 成長株へ
にほんブログ村電撃共栄園に参加希望の人は下のリンクにコメントお願いします!【電撃共栄圏構想】圧倒的アクセス数を誇る共栄圏の創造に参加せよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です