投資のストレス、予防と対策を考える

Pocket

投資をしていると、チャートをみているだけでハラハラしたり、大幅な下落を見ることでら頭がおかしくなりそうなほどにストレスを感じることがあります。

投資によるストレスは、投資判断を狂わせることにもなりますし、場合によっては私生活にも影響を与えます。

投資家にとって、投資のストレスはずっと付き合っていかなければならない問題であると同時に1番の大敵です。

では、投資のストレスとはどのように付き合っていけばいいのでしょうか。

ストレスの予防

投資のストレスを溜め込まない、最小化するためにはまずはストレスを溜める予防をしておく必要があります。

リスク許容度を大幅に超えた取引をしない。

リスクを取りすぎると、儲けがたくさん手に入る反面、損も大きくなります。値下がったときのショックは尋常ではありません。

例えば、信用二階建てをするだとか極端な集中投資(絶対に負けない自信がある場合を除く)をするなど。

日頃からリスクを取りすぎないような取引を心掛けた方がストレスは溜めにくいでしょう。

ベンジャミングレアムなどがいう安全域を保ちながら投資をするといった感じでしょうか。

他人と比較しない

他人の成績が気になるのは誰しもそうだとは思いますが、自分の成績と比べたところでなんの意味もないのでやめた方がいいです。

無下に焦ったり精神を消耗するだけですし、他人に比べて、自分が極端に悪い成績を出してしまったら自己嫌悪に陥る可能性もあります。

他人と比べることで自分の成績が上がるならいくらでもしますがね。そんなことはあり得ないので、成績の比較ほど意味のないことはありません。

ストレスを感じてしまった時にやるべき行動

ストレッチをする。運動をする。

普通のストレス解消と同じとなってしまいますが、ジョギングをしたりストレッチをするとストレスの解消につながります。

相場から離れる。休むも相場。

ストレスの原因が投資であるなら、一旦休むことが大事です。

趣味に没頭するもよし、美味しいものを食べて元気になるもよし。温泉に行くもよし。

とにかく投資のことを忘れることです。

ストレスの対象となっている資産を利確か損失確定する

短期投資の場合は、あまり関係ないかもしれませんが長期投資の場合、これは最後の手段です。あまりにもストレスがやばすぎて鬱になりかけるなら一旦ポジションを解消して前のポジションのことを忘れる。

わたしの場合

わたしの場合は投資によって強いストレスを感じた時は、相場の情報ではなく決算情報や社長の講演会の情報などを調べて市場の声とは違う情報を目にして心を落ち着かせるようにしています。

投資はストレスとの戦いです。皆さんはどのようにして投資のストレスを解消しますか?
にほんブログ村 株ブログ 成長株へ
にほんブログ村電撃共栄園に参加希望の人は下のリンクにコメントお願いします!【電撃共栄圏構想】 圧倒的アクセス数を誇る共栄圏の創造に参加せよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です