投資で損切りは必要なのか。

Pocket

よく投資本なんかで10%損をしたら機械的に損切りしなさいとか指南しているのを見かけます。

利益に対してもまた同じように10%利益が出たら機械的に利益確定せよというのもよく見かけます。

そもそも損切りや利益確定って必要?

例えば、スタートトゥデイを10年前に5000円で買っていたとします。

それが途中4500円になってしまったからといって損切りをして売ってしまったり、5500円になったから利益確定したとします。

そうすると5500円の方には当然税金もついて回りますから取り分としては減ります。どうなるのかと言えば、450円分の利益を得ることとなります。

しかし、よく考えて見ればわかることですが、数年待っていれば、その数倍以上の利益を得ることができ、さらに配当を得ることもできますし、なんなら貸株していれば貸株金利も得ることができます。

株価が急落したりすると機会損失だ!と言って、ポジションを簡単に解消する人がいますが、そもそもキャッシュコントロールが適切にできていないから機会損失になるだけなのでは?と。

利益確定か損切りか。長期でも報われないこともある。

とはいえ、長期間をかけたところで値段が資産を増やすことに繋がらない場合もあります。
NTT株がいい例で、バブル期の1989年に買ったとして、昨年30年間配当込みで昨年ようやっと買値を超えました。つまり1989年に30歳でNTT株を買ってしまった場合、60歳まで値段が戻らなかったというわけです。

NTT株の場合、PER100倍近くあったと言われており、インフラ企業がそのような高PERが評価されるということは普通に考えてあり得ないので、異常な状態が是正されるまでには時間がかかるということです。

また、企業が倒産してしまえば株価は0になってしまいます。そのため、『長期投資は必ず利益になる』とは言えず、まさに機会損失となってしまいます。

しかしこれは極端に株価の評価が高い銘柄や財務状況がひどい銘柄を選択しないように気をつけさえすれば、問題はないと考えます。

今のように市況が荒れている時こそ冷静になって考えるべきでしょう。

基本的に長期的な視野に立って投資はすべきですし、安易な損切りや利益確定は本来得るべきであった利益を享受できない可能性があるということを我々はきちんと理解する必要があります。

にほんブログ村 株ブログ 成長株へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です