アカツキの株主総会に行ってきたよ!

Pocket

本日、6月19日アカツキの2018年度3月期の株主総会の日でした!

その報告です。

会場は目黒で行われました。

画像がぶれてますが会場の入り口です。

目黒駅から会場へは、10m置きぐらいに社員の方がプレートを持っていたので間違えることはありませんでした。

会場入りしたら会場の後ろの方でPONGPON Gを遊んでいました。すごく面白そうでした。

あとは社員の方がアカツキのCMのコスプレをしてらっしゃいました。青い服の子が可愛かった(違)

大画面のディスプレイにアカツキのCMやら何やら色々映ってました。スマホはご法度っぽかったので撮れませんでした。スミマセン。

14時に総会開始。

業績説明と会社の理念やビジョンについて塩田さんの熱い想いを聞いた後に2017年の振り返りと今年度の方針を示してくれました。

その後は質疑応答です。

とても質問の数が多く、おそらく会社からも質疑応答の様子が出るとは思うので私個人が気になったポイントを掻い摘んでお知らせします。

10ヶ月間株価が下落しているということもあり、情報開示に関する内容やIR姿勢などに関する質問が多かった印象です。

業績に関しては文句はない、だけどという感じ。

個人的に気になった話。

・ゲーム事業については固定費の回収もあるため、1年から2年はかかる。

・LX事業はプラットフォームの確立をしなければならず、時間軸の設定が難しい。しかし、5〜10年という幅ではなくもっと短い時間軸で業績貢献できるようにしたい。

・ゲーム事業はボラティリティが非常に高い。10%〜20%変動することがザラ。そのため業績見通しが非常に立てづらい。ただ、長期のタイトルが増えてきており、過去の実績から業績を類推することは可能であるため、業績見通しが出せる努力をしたい。

・以前アカツキが目指すのは、グーグルと言っていたが、エンタメという意味でもディズニーを目指していきたいと考えている。

・グローバル展開に関しては、施策を色々打ち出してきているところ。

・nintendo switchのタイトルに関しては社長個人としても熱い想いを持っているのでやりたいし、今後タイトルを目指してやっていきたい。

あと株関連の話。

・株式分割に関しては、現時点では行うことはない。株価対策に関しては引き続き検討。

・昨年度、塩田社長が株を市場外取引で売却したことに関しては、塩田、香田両名併せての比率が高かったことによるもの。(60%超⇨56%まで減)

・ストックオプションの行使価格の説明。ストックオプション設定時の上場からそれまでの平均株価が4000円だったのでそれを設定。

・自社株買いを実施する予定は今のところない。IR、PR活動の強化と業績を上昇させ続けることに加えて自社のブランド力を高めることで株価を引き上げていく努力をする

個人的にびっくりしたのはアカツキに興味はないと言い放ち、損切りするしかないと言い放ったおじさんがいたことです。そんなこと言う必要あるんか?と思いました。

そのうちアカツキのブログでも出てくると思いますが、アカツキの木という株主のメッセージを書くコーナーがありまして、そこに私の個人の想いを綴ってきました。(内容は秘密です。)

あまり、株主総会に出ることがないので非常に新鮮な気持ちで株主総会に臨みましたが、好印象以外ありませんでした。それぐらい自信に満ち溢れ、堂々と凛とした社長でした。

一つ一つの質問に対して真摯に対応していましたし、アカツキ、というか、塩田さんに惚れ直したところです。

夢見がちな哀れな人と見る人によっては映るかもしれませんが、私にはこれから黄金色に輝く素晴らしい企業を背負っていく偉大な人にしか見えませんでした。

また予定が合えば、来年も株主総会参加して、今度は質問してみようかなーと思います。

にほんブログ村 株ブログ 成長株へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です